キャンピングカーを初めてレンタルする人必見!押さえておきたいポイントを徹底解説

こちらのサイトは、キャンピングカーを初めてレンタルする人が押さえておくべきポイントについて分かりやすく解説しています。
車両の選び方の中には収容人数があるけれども、これは乗車定員と就寝定員がありこれらをしっかり把握しておく必要があること、そしてレンタカーで利用するときの利用金相場やレンタカーを使うときの手順などこれから利用してみたい人が読むことで、いざ利用するとなったときスムーズに借りることができるようになります。

キャンピングカーを初めてレンタルする人必見!押さえておきたいポイントを徹底解説

キャンピングカーには自走式とコンテナ式の2種類がある、自走式はキャンピングカーの機能が車両本体についているので、運転のしやすさがありコンテナ式はキャンピングカーの機能がエンジン車両とは別のコンテナ部分に集中しているため、空間が広くとれるなどのメリットがそれぞれにあります。
レンタルするときにはいずれかのタイプになるけれども、都市部などを運転する場合は自走式の方がやりやすいなど、それぞれの特徴においてのポイントを把握しておきましょう。

キャンピングカーをレンタルするメリットとは?

キャンピングカーに憧れを持っているという方は非常に多いかと思いますが、コスト面に不安があるならレンタルがおすすめです。
一般の乗用車にも同じことが言えますが、購入費用や維持費がかからないので、利用頻度が低いのであれば購入するよりもはるかにコストを抑えることができます。
また、メンテナンスに要する手間が一切かからないのもメリットと言えます。
キャンピングカーは車両部分だけでなく居室部分のメンテナンスも必要なので、一般の乗用車よりも手間がかかりますが、借りてしまえばメンテナンスは一切不要です。
さらに、近年はキャンピングカーのレンタルが普及したことにより、借りられる車種が増えています。
キャンピングカーを代表するキャブコンと呼ばれるタイプや、ハイエースなどをベースとしたバンコン、軽自動車をベースにした軽キャンパーなど様々な種類を借りることが可能です。
そのため、気になる車種の使い勝手を購入前に試すことも容易となっています。

キャンピングカーをレンタルするデメリットとは?

キャンピングカーのレンタルは、購入するよりもコストを大幅に抑えることができますが、いつでも借りられるとは限りません。
近年、キャンピングカーを借りられる場所は増えてはきていますが、一般の乗用車ほど普及はしていないため、時期によっては予約が取りにくくなります。
特に、夏休みやゴールデンウィークなどの連休中は予約が集中するため、早めに予約しないと借りたくても借りられない恐れがあります。
加えて、予約が集中する時期は料金が高くなる傾向があるので、この点についても念頭に置いておく必要があります。
利用に制限がある場合が多いのもデメリットのひとつです。
例えば、キッチン付きのキャンピングカーであっても、車内にニオイがつく可能性がある調理が禁止されているなど、利用に制限が設けられているケースが多いです。
さらに、ペットを同伴できないケースも多く、同伴可能でも追加料金がかかるケースもあるので注意が必要です。
比較的自由に使える場合でも、借りている以上は気を使って利用しなければならないのは大きなデメリットと言えるでしょう。

キャンピングカーは普通免許でレンタルできる?

キャンピングカーのレンタルに興味を持っているものの、特別な免許がないと運転できないと思っている方は非常に多いかと思いますが、多くのキャンピングカーは普通免許で運転することができます。
キャンピングカーは、大きく車両部分と居住部分が一体となった自動式と、居住部分を車両で引っ張る牽引式の2種類に分けられるのですが、けん引式を運転するには基本的に牽引免許が必要です。
一方の自走式の場合は、定員が11人以上になると中型免許が必要になりますが、定員が10人以下の車種であれば普通免許で運転可能です。
そのため、中型免許などの特別な免許を持っていない方でもキャンピングカーをレンタルすることができます。
なお、免許を取得した時期によって、運転できる車種に違いがあるので注意が必要です。
平成19年6月1日以前に取得した方は、車両総重量8.0t未満・最大積載量5.0t未満の車両が運転可能ですが、平成19年6月2日から平成29年3月11日までに取得した方は、車両総重量5.0t未満・最大積載量3.0t未満の車両しか運転できません。
また、平成29年3月12日以降に取得した方が運転できるのは、車両総重量3.5t未満・最大積載量2.0t未満の車両となっています。

レンタルしたキャンピングカーを運転する際の注意点

レンタルしたキャンピングカーを運転する場合には、事前にどのような危険性があるのかをよく把握した上で、注意点を確認しながら運転する必要があります。
注意点の1つに挙げられることとしては、何といってもスピードを出しすぎないことです。
キャンピングカーを運転する場合には、一般車を運転する時と比べても、さらにスピードを落とすように意識しましょう。
キャンピングカーはそれ自体が非常に重い作りとなっていて、様々なグッズを積み込むことで、さらにうまみが増ます。
するとブレーキの制動距離は長くなってしまうのです。
高さがあるタイプであれば、横風にも弱く、あまりにもスピードを出しすぎると、転倒の危険性が高くなります。
高速道路はもちろんですが、一般道路においても、出来る限りスピードを抑えた上で、場合によっては後続車を先に生かせる気持ちも重要です。
その他にも急ハンドル急ブレーキをしないこと、車高の高さを特に意識することを覚えておきましょう。

キャブコンタイプのキャンピングカーレンタルがおすすめの人とは?

キャンピングカーと一口に言っても様々なタイプがありますが、レンタルできるのは主にキャブコン・バンコン・軽キャンの3種類です。
これら3種類はそれぞれ特徴が異なりますが、キャンピングカーと聞いて多くの方がイメージするのはキャブコンタイプです。
キャブコンは、トラックなどのベースとなる車両の運転席部分を残し、ボディ部分に居住スペースを取り付けたタイプで、居住スペースが広いため快適に過ごせるというメリットがあります。
運転席の上部はベッドになっているケースが多く、テーブルやシンク、トイレなど宿泊に必要な設備が一通り揃っています。
そのため、キャンピングカーでゆったりと快適に過ごしたいファミリー層に特におすすめです。
ただし、キャブコンタイプのキャンピングカーは、車両に高さがあるため運転時に横風の影響を受けやすいという側面があります。
また、車体自体も大きめで重量もあるので、レンタルする場合は細心の注意を払って運転しましょう。

バンコンタイプのキャンピングカーレンタルがおすすめの人とは?

キャンピングカーと聞くと多くの方はキャブコンタイプをイメージするかと思いますが、レンタルする上で運転のしやすさを重視するならバンコンタイプがおすすめです。
バンコンは、ハイエースやキャラバンなどのバンを改造したキャンピングカーです。
一見しただけではキャンピングカーには見えませんが、車両後部にはテーブルやベッド、シンクなどが備わっています。
バンをそのまま作り変えたタイプなので居住スペースは限られますが、限られたスペースを最大限活用するための様々な工夫が施されているのが特徴です。
また、バンサイズのままなので街中でも運転がしやすく、長距離でも疲れにくいというメリットがあります。
大人数で利用するのには適さないため、子供がまだ小さいファミリーや夫婦二人でキャンピングカーをレンタルしたいという方におすすめです。
ただし、車内で移動したり着替えたりする際に真っすぐ立つことはできないので、この点については念頭に置いておく必要があります。

軽キャンパータイプのキャンピングカーレンタルがおすすめの人とは?

キャンピングカーを少人数でレンタルしたいという方は多いかと思いますが、そのような方におすすめなのが軽キャンパータイプです。
こちらは、軽自動車や軽トラックをベースにしたキャンピングカーで、他のタイプと比べると居住空間は限られます。
備わっている設備も限られており、キッチンやトイレなどが付いているケースは稀です。
そのため、大人数で利用するケースや、ゆったりと快適に過ごしたいという方、大量の荷物を積む必要があるケースなどには不向きです。
しかし、他のタイプよりも安価にレンタルできるので、一人や夫婦二人など少人数で手軽にキャンピングカーを利用したいという方に最適です。
加えて、夫婦二人と小さな子供のファミリーでキャンプするという場合にも適しています。
また、軽キャンパーは、他のタイプよりも車体がコンパクトなので運転しやすいというメリットがあります。
市街地や狭い道でも問題なく走行できるため、大型キャンピングカーの運転に不安がある方にもおすすめです。

レンタルしたキャンピングカーで快適に過ごすための必需品

レンタルでキャンピングカーを借りて家族や友人とアウトドアの旅行を満喫するには、レンタルしたキャンピングカーに備わっている設備に違いがあるので不足している設備を必需品として前もって購入をしておくと快適性を作り出せます。
トイレやキッチンなどが完備されていることが多いのですが、レンタルした時点ではシンク台とトイレのみの場合は、カセットコンロと小型冷蔵庫を購入しておくと大量の食材を買い込んでも快適に過ごせます。
ワンボックス型のキャンピングカーの場合はフロントキャビンと後部のスペースに寝るための設備が整っていることが多いのですが、季節に合わせた掛け布団を準備することも欠かせません。
アウトドアの醍醐味の中には周囲が暗くなった後にアルコールを飲んで楽しむことが多いのですが、電源においてはキャンピングカーは容量は大きいのですが消費電力の限界は来てしまいます。
この場合は小型のソーラーパネルとセットで販売されている蓄電池があり、キャンプに向かう前には自宅で充電を済ませておくことが必要です。
後は現地で日中にはソーラーパネルによる発電を可能にできるので、宿泊日数が長くても家電製品を夜間でも使えるようになるので必需品に入れることができるのではないでしょうか。

キャンピングカーレンタルにおけるトイレの後処理について

キャンピングカーを所有するとなると購入資金や維持費などでお金がかかる、たまにしかキャンプに行かないので購入は諦めてレンタカーを利用したい、このように考える人は多いといえましょう。
車両内には、キッチンやトイレ、シャワーなど日数が多いキャンプのときでも役立つ存在になってくれる設備が充実しているので、レンタカーなら気軽にこれらの設備が整っている車両を借りることもできるわけです。
ただ、レンタカーを利用したいけれどもトイレの後処理はどのようにすれば良いのか、これを知らないとあまり気軽に車を借りることができなくなる一歩を踏み出せない人も多いようです。
ちなみに、キャンピングカーにはトイレ付車両だけでなくトイレなし車両もあるので、キャンプ地にトイレがあるときなどは設備がないものをレンタルする方法もありますし、後処理が気になるならこのようなキャンプ地を選んで施設内にあるトイレを利用する方法もあるわけです。
なお、トイレの後処理はカセット式やポータブルトイレなどの種類でやり方が異なりますので事前に調べておくと安心です。

キャンピングカーに関する情報サイト
はじめてのキャンピングカー

こちらのサイトは、キャンピングカーを初めてレンタルする人が押さえておくべきポイントについて分かりやすく解説しています。車両の選び方の中には収容人数があるけれども、これは乗車定員と就寝定員がありこれらをしっかり把握しておく必要があること、そしてレンタカーで利用するときの利用金相場やレンタカーを使うときの手順などこれから利用してみたい人が読むことで、いざ利用するとなったときスムーズに借りることができるようになります。

Search